三代目が行く!!


御影周辺を食すの巻



いやぁ〜やっと更新!
『いつまでお父さんの夏休みしてんねん』っと言われてましたが、
食の勉強(?)だけは、怠らずに行っておりました。

今回訪れた場所は、『御影』。
学生時代、この街にはいっぱい影響を受けました。

そしてここには、僕の大好きなお店があります。
どーぞご覧になってください☆


☆PAPAS☆


阪神御影駅の側にあるこのお店、
オープンから通ってるからもう10年になります。

『生ビール』で乾杯!
(品質管理に抜かりがないなぁ〜)
p05.jpg (10586 バイト)
『あびこ編』以来の登場、オカティ(右)&ウエティ(左)。
実は彼女達もこのお店の常連とわかり一緒に行くことに・・・


先ずは付き出しの『スティックサラダ 温かいドレッシング添え』を頂く。
何気ない野菜も、このアンチョビベースのドレッシングで、
旨さ倍増なのです。

そして、PAPASに来たなら絶対外せないメニュー達を注文。



『コンニャクのムニエル』
初めて食べた時の感動を、今でも忘れません。
普通やったらプルッとしたコンニャクの食感やけど
ここのは、クシュッとした食感でなんです。(食べな伝わらんね)
タバスコがコンニャクを男らしく味付けしています。
(胃袋を刺激するなぁ〜)

『タラモサラダ』
PAPASのタラモサラダは、ほんまにクリーミィー!
バケットにのせられサクッと頂きます。

このクリーミィーさは、絶対家庭ではマネできません。
(そらそうか・・・笑)

『キッシュパイ』
パイ生地のサクサクッとした歯切れ良さの中に
タマゴと木の子の優しい味が香りと共に伝わります。
(心まで暖まるんやなぁ〜)

この3品は、どんな状態(お腹が一杯であろうが、かなり出来あがっていようが)でも
必ず注文して、全部キレイにたいらげます。


今日は、まだ胃袋に余裕があるようで、もう2品追加注文☆(ワインも進むなぁ〜)

『エスカルゴ』
よくタコヤキの鉄板のようなものに殻ごとのって出てきますが、
PAPAS流はちょっと違います。
何ソースと言うんでありましょうか(ブラウンソース?)
勝手に言ってますが、エスカルゴと一緒に
このソースをバケットにのっけて食べるのです。
エスカルゴがなくなった後は、
バケットで器の中に残った最後のソースまで食べたくなりますよ!

『焼きビーフン』
仕上げはやはり『麺』。
これで満足したなぁ〜っと心地よくさせてくれます。
最後に注文が僕的にはお勧め!


(PAPASオーナーの竹中シェフ)

いやぁ〜今日も満足させてもらった。
最近は年に数回しか行けなくなり、その間お店も大きくなりSTAFFも増えましたが、
あの時食べた『感動の味』、今も変わってません。
そして竹中シェフのスタイル、あの頃と同じです。
今日も食事している時に、竹中シェフが洗物をしている姿を見て
正直『スゲェ〜なぁ〜』と思いました。

なかなかないですよ、こう言うお店は・・・。

PAPASと言う空間を、竹中シェフが一番大切にされていて
一番愛されているんでしょうね。
また一つ勉強させて頂きました。
本当にご馳走様でした。

PAPASに行ってみたいと思われた方、
オフィシャルサイト
『PAPAS』がありますので、是非ご覧になってくださいね☆

☆ 番外編 ☆

実は僕の段取りが悪く、PAPASが満席で
席が出来るまでに2軒ほど食べに行っていたのでありました。

1軒目は鉄板焼の
『里味』

このお店の名物『チャンポン野菜』を頂いた。
アルミホイルで鍋を作り、そこに新鮮魚介類や野菜をいれて
鶏ガラスープで一煮立ち・・・甘い潮の香りが口いっぱいに広がります。
他にも『里味焼』(ピザ風お好み焼)や『牛ステーキ』も頂きました。

2軒目は、居酒屋『くれむつ』

赤い暖簾をくぐり、石畳を渡って2階へ・・・
ここでは軽目に『馬刺し』『お造り盛り合わせ』を頂きました。

やっぱり、よぉ〜食べるわッこのメンバー!
いつもHPを作る度にそう思います・・・。


menu