三代目が行く!!


京都レストランの巻

第一巻   第ニ巻



今回は、とり平に来られるお客さんのお店に行ってきました。

案内してくれたのは、このお店で昨年末まで6年修行。
4月よりフランスへ、料理の勉強に渡る田中くんです。

『僕は、師匠にとり平を教えてもらったんですよ』
はて?!どんな人やろ・・・
見たらわかりますって!!

☆ ブルーマ 55 ☆


やって来たのは、京都・木屋町御池すぐ。もう24年されているこのお店。

師匠登場☆
オーナーシェフの堀口さんです。

(あ〜〜わかりました!!)

何から頼んでいいのかわからん時は、
『師匠!!おまかせしま〜す』。楽しみやなぁ〜・・・

(案内役の田中くんです)

ビールを飲みながら、前菜の『ヒラメの煮凝り』を頂き、
食べるスピードに合わせてテンポ良く料理が出てきます。



*スモークハムのサラダ*
シャキシャキ感のあるセロリとキュウリを
フレンチドレッシングで合わせた一品。


ここで、飲み物をワインに変える。

*海老グラタン*
ただのホワイトソースではございません。
海老のミソで、奥深くコク味を出してます。


*エスカルゴ*
受け皿にコニャックを入れ火をつけ、豪快な演出。
チップス状に、薄く切ったバケットと一緒に頂く一品。
 
ジョッキー登場☆
このお店の常連さんのJRA熊沢騎手
レース終了後、ダッシュでやって来ました。


『今日一日、頭の中はブルーマで一杯だった』
あかんがな、熊ちゃん。そんな事言ってたら・・・。
でもよく話を聞いてたら、騎手というのは
体重制限がある為、週末は水だけで過す事もあるらしい。
僕には出来ん職業やな。一緒に食べようぜ・飲もうぜ〜っ!!



*牛タルタルステーキ*
7種類の薬味(ケッパー・オリーブ・玉ねぎ・岩塩・赤コショウ・黒コショウ・ニンニク)
に少しずつ付けて食べてもいいし、一緒に混ぜて食べてもOK。
肉の甘味を感じられる一品。

*松葉カニ信州和え*
『普通に食べる?それとも遊んでみる?』
もちろん『遊び』を選びました。
師匠は、信州へスキーに行っていたらしく、
買ってきた野沢菜とわさび漬けでアレンジされました。
さすが百戦錬磨のプロの一品。

『格闘中やから、ちょっと待っててやぁ〜』
何やら気迫のこもった師匠のお言葉。
2本目のワインを頼んで待つ事にしました。


次へ  menu