三代目が行く!!


台湾へ行くの巻 その一
 


3月21〜24日の4日間、台湾の第二の都市『高雄』へ
鴨の工場見学へ行って来ました。

鴨を育てるとこから生産ライン
そして日本では見ることの出来ない規模の工場・・・。
興味津々、食文化も楽しみ!って事で出発!!


社長と三代目、そして今回台湾へ案内して頂いた大平産業の渡邊社長。
関空〜台北は約2時間半と、あっと言う間に到着。
ここから新幹線に乗って高雄まで。

車両は日本製。700系と同じですわ。
そしてもう一人、僕の弟(関空勤務)も通訳係りで同行です。
1時間半の新幹線の旅。

工場の方(ウェミンさん)が迎えに来てもらっていてホテルへ。

寒軒国際大飯店のロビーにて。
1時間ほど休憩し、18時にルーさんとロビーで待ち合わ。

年に4回くらい食べに来てくれる、とり平歴10年のルーさん。
高雄の方で、『高雄に行くよ!』ってメールしたら案内したげるって事に。
でっかいベンツで迎えに来てくれました。

ルーさんファミリーと、とり平ファミリー。

ホテルから15分ほど車で走り、フェリー乗り場に到着。

ここからフェリーに乗って『旗津半島』へ

5分ほどで半島に着きます。(渡船代15元 約45円)

土曜の夜とあって、たくさんの人が食事に遊びに島に渡って行きますね。
道の両サイドは飲食店が並びます。

そしてルーさんご用達の海鮮料理屋に到着。

魚に貝にカニに海老にと豊富な食材が並んでます。
蒸す・炒める・茹でる・揚げる・焼くなど
選んだ食材の調理方法を言って注文。

外で調理が始まります。
いやぁ〜豪快!日本じゃ見れない光景ですね。

『かんぱ〜いッ♪』

台湾ビール、これがなかなか旨い!
気温30℃と軽さがここの気候に合うんでしょうね。
海老につけるタレ、こいつがイカすわ〜!

真ん中のプリプリ『イカ団子』

カニは没頭してしまいます〜(笑)

白身の魚の頭から半分は炒め物で、残り半分はスープで。
タコをブツ切りにして揚げ物に。
どれもこれも旨いッ!
味付けが軽くて日本人には合いますね。

まさかルーさんと台湾で一緒に食事が出来るとわ。
すご〜く不思議な感じがします。

食事の後、フェリーに乗って戻り、ナイトマーケットへ。
『六合夜市』

すごい人。活気があるわ〜!
『ナカムラサ〜ン テストテスト!』と、
ルーさんが色々と買ってきてくれます。

鴨を使った料理が多いのにビックリ!
頭から足の先まで焼いて売ってたな〜。

このマーケットで有名な焼き鳥屋さん。
5〜6人で焼いてました。
心臓に砂ズリ、三角(ボンボチ)を試食。
タレがちょい甘め。塩で焼いたら旨いのに・・・。
意外に塩焼きしている屋台はありません。

ナイトマーケットは毎日、午前3時頃までやってるそうな・・・。
台湾初日、さすがに長旅で23時過ぎにホテルに戻りました。

高雄名物『カラスミ』で一杯。
旨いな〜プリン体最強コンビと言うのに、どっちもとまりません(笑)

ルーさん、遅くまで大変お世話になりありがとうございました。
楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいますね〜
良い勉強をさせてもらいました。
今度は日本で、とり平でお会い出来る日を楽しみにしています!

 

menu