三代目が行く!!


大人の酒処の巻



1月7日、Bar『in tune』のヤチさんと
中崎町にある『おとと三昧 入道』で腕を振るっていた林さんがタッグを組み、
阪急石橋駅の近くに大人の酒処をオープン。
早速、行ってきました!

☆ 酔 好(すいすい) ☆

池田市石橋2−1−8イーストゲートビル107
072−762−3663

この日が来るのをどれほど楽しみにしていたか〜初めから『熱燗』と決めておりました!

つきだしをあてに日本酒をキュ〜〜っと。

左が『まる大根と鯨コロ』 右が『氷見のよこわ・ほうぼう昆布〆・たこ』
大根の柔らかいこと!薄味の中にコロが奥深さを出してるわ。
料理の最後にもう一度注文しちゃいました。
よこわの脂の乗りよう・・・恐るべし氷見ブランド。
体も温もり、燗酒から冷たいお酒に。すすんじゃいますね〜(笑)


待ってました♪『わたりカニの醤油漬』
ウチコとミソは分けて出してくれて、これは最後までチビチビと。
もう絶品ですな〜身も甘くてコクがあり、
身を吸ってはお酒をグビリ、没頭してしまいます。
これは食べなあきませんよ!


『生白魚の酢の物』で小休止。また熱燗にもどり
『白甘鯛塩焼き』の登場。
ため息が出るな〜やられっぱなしです。

そして『干物の盛り合わせ』に『あん肝ポン酢』
シシャモの一夜干しには驚いた!
脂がギュっと凝縮されて旨いわ〜くちこ・カラスミ、そしてとどめの『あん肝』と来たら
もうお酒がとまりません。

ちょっと落ち着いて『あつあつ野菜』に『里芋の焼き芋』
左は野菜を蒸して旨さを引き出しお味づけ。
里芋は出汁で下味をつけて焼き芋に。
ホクホクと焦げた所が香ばしく、野菜の旨さが分かる年になったんかな〜。

『ほたるイカの一夜干し』と『サバの棒寿司』
ほたるイカの小さな体のどこにそんなパワーがあるのでしょうか?と、
これを食べたら必ず思います。

〆のサバ寿司も脂が乗って旨い!赤だしと一緒に頂きました。
ホントに美味しかった〜肴が旨いとお酒がすすむね。
後日聞いたら二人で軽く一升を飲んでたとか。
ご馳走様でした!
ちなみに2月からは日曜日が定休日だそうです。
行く時は、電話した方がいいですよ〜!

menu