三代目が行く!!


東京を食すPartWの巻


10月18日から2泊3日で東京へ行って来ました。
いつも休みで行けなかったお店など、しっかり食べて来ましたよ〜♪

10月18日(土)の初日、夕方からの食べ歩きに備えて控え目のランチ。
月島へ向いました。
どこに入ったらいいのかわからないぐらい『もんじゃ焼き屋』がありますね。

☆ おかめ総本店 ☆

焼き方がわからないんで、お店の人に焼いてもらいました。
ビールのあてにイケますね。
『もち・明太子・チーズ』美味しかったです。(意外に高いもんなんやな〜)

有楽町へ移動し、ガード下のもつ焼き屋さんへ

☆ 登運とん ☆

昭和28年創業のお店だそうです。
ホッピーのお供はモツ煮込み、串はガツなどを注文。(肉汁タップリでした)
朝から飲めるってのが嬉しい店ですね。


ランチに付き合ってもらった奥永くん。
大阪に住んでる時は、週に2回はとり平へ。
その後、会社を辞め天然酵母のパンの世界に転職し、
東京そしてアメリカ・コネチカットで修行を経て先月日本に帰国。
久しぶりに再会し、『食』について色々情報交換ができました。
次回は奥永くんのパンを食べに行かせてもらうわ〜!

彼と別れた後、3時半に某酒造メーカーのT氏と合流。
勝どき橋へと向いました。

☆ かねます ☆

以前、テレビで『エル・ブジ』が出ていた番組でこのお店を知り、
いつかは行ってみたいな〜と(日曜定休日の為)
この時を待っておりました。
黒ビールでT氏と乾杯し、まずは『生ウニの牛肉巻』
肉のキレイな事!ワサビをのせて口の中へ。
肉の甘味にウニの濃くが広がり何とも贅沢なお味。


『ぐじ昆布じめ』この時点でハイボールにチェンジ!
皮なんてプリプリですわ〜旨いッ!
『かぶらむし』 温かいものを食べるとホッとしますね〜♪
念願叶ってホントに幸せです。
他にも食べたいメニューがいっぱい・・・また行きたいです。

次は錦糸町まで移動。焼き鳥屋さんへと向いました。

☆ と り 喜 ☆

すごくキレイなお店です。
このお店では米焼酎をボトルキープ出来るみたいです。
水割りを飲みながら焼き鳥を待つことに。


『ちぎも』『玉ひも』『手羽』『つくね』『合鴨』などなど順番に頂きました。
手羽先は自分で骨を外して身だけ串に刺さった状態にします。
そこをガブリッと食べるんですね〜参考に。

次はワインとモツ煮込みのお店へ

☆ 山 利 喜 ☆

大正13年創業だそうです。
この大鍋でモツを煮込んでいて、見るからに旨そうですね。
『煮込み玉子入り』と『ローストビーフ』を注文。
飲み物はもちろんワインであります♪


このお店の煮込みには、ワインを入れてグツグツ煮込んでいて
ワインとの相性も良いはずですね。モツを食べたらガーリックトーストをつけてお汁まで。
『ローストビーフ』も美味しかった。
最近、ローストビーフがマイブームだったりします。
肉の味がしっかりして旨いな〜西洋ワサビをしっかりつけて
これまたワインが進む〜ホールにはソムリエさんがいてますよ。

ここから六本木へ移動。

☆ Bar Cask(カスク) ☆

まさに隠れ家ですね〜棚にはすごい数のお酒が。
ここで去年一緒に東京巡りに付き合ってもらった高校の友人でカメラマンの志立くんと合流。


ハイボールを飲みながらあては『ベーコン』
これがかなり旨いッ!スモーク感といい塩加減といい
小休止のつもりが、すすんじゃいますね。
仕上げに是非『カレー』を食べてとT氏。『お茶碗サイズでお願いします!』
ルーが2種類。ペロッと食べちゃいました。
やばいな〜これ!次回は丼サイズで(笑)

このお店でT氏と別れ、志立くんと一緒に白金方面へ。
この辺で流行ってると言う焼き鳥屋さんへ行き、お任せで食べたんですが
錦糸町のお店の方が僕にはあったかな。
最後は渋谷へ行き、志立くんのいきつけのバーで締め括り。

二日目、早めに朝食を済ませ
ランチからお腹をベストな状態する為、銀座界隈をウォーキング。
そして青山方面へ出発。

☆ La Patata( ラ パタータ) ☆

初めてこのお店で食べた時の感動が忘れられず、
また行きたいと思い続けていたお店です。
土屋シェフに料理を相談し、ビールを飲みながらラ・パタータの空気に浸りました。


『フレッシュポルチーニのフリッタータ』
以前、これを食べて感動しました。香りそして食感も最高!
食べた瞬間、思わずため息が出てしまったな〜。
ワインと共にゆっくりと味わいました。

『アルバ産白トリュフのパスタ』
店の中がトリュフの香りでいっぱい!この香りでワインが飲めてしまうほど(笑)
食べても食べても減らなかったらいいのに・・・
なんて子供みたいな事を考えながら至福の時を過ごしているのです。

『チンタセレーゼ豚のフィレ ミラノ風カツ』
柔らかいわ〜肉の旨味がぎゅう縮されていて、もう何も言えません。
ずっと口元が緩みっぱなしです。

本当に楽しい時間を過ごせて大満足でした。
これは土屋シェフのライブですね。舌だけでなく、心までしっかり響きました。
僕もシェフみたいなライブが出来るよう頑張ろうっと!!
色々とお話させて頂き、ありがとうございました。

今度は夜に備えて、またまたウォーキング。
表参道をブラブラし、銀座に戻り東京駅周辺を。
そして新宿をウロウロした後、目黒へと向い焼き鳥屋さんへ。
そこで横浜の洋菓子・プチ・フルールの横尾君と合流しました。

☆ 鳥 し き ☆

とり平に来られるお客さんに紹介してもらい行って来ました。
こちらもキレイなお店で、お寿司屋さんのようなカウンターのつくり。
焼き台がスッキリしていて上手に作られてますね。
料理は大将におまかせし、じっくりと仕事を見させて頂きました。

『ちぎも』『ささみワサビ』でスタート。
いい肝をつかってはりますわ。
ささみも味わい深く、美味しい鶏ですね。
『ウズラ玉子』は中が半熟でした。
僕もこれをした事があって、同じ感性やな〜と勝手に思っておりました。

このお店では、伊達鶏を使ってられるそうで、
色んな部位を食べさせて頂きました。
あと焼き野菜が美味しかったな〜。
お酒やだし醤油?をハケで塗っては焼いて、丁寧な仕事です。
次回は遅めに行って、お客さんが引いた時でも
大将と『鶏』の話をしてみたいな〜美味しかった!!

この後、軽く飲茶を食べ、寿司屋で東京食べ歩きを締め括りました。
色んな人に会い料理だけでなく刺激をいっぱい受けました。
『地道にコツコツと・・・』
華やかな都会をみて、最後はこの言葉が浮かんできました。

menu