三代目が行く!!


フランス・サンテミリオンへ行くの巻


 


フランス・ボルドーでワインを造っているレオ君に
『勉強になるから一度見においで!』と言われて5年。
6月18日〜25日の一週間、やっとレオ君のもとへ・・・
本場で飲むワインの味、そしてフランスの食材に触れて
これからのとり平の為にしっかり勉強して来ました!

関空〜パリ/シャルル・ド・ゴール空港まで約12時間。
広い空港内を移動し、国内線に乗り換え一緒に行ったカン君と出発までコーヒー飲んで休憩。
ここからボルドーまで1時間。
小型飛行機に乗って荒っぽい着陸で到着!(長かった〜)

空港にレオファミリーが迎えに来てくれました。
車で約50分、サンテミリオンの近くコート・ド・カスティヨンという地に彼の家があります。
先にレオ君の家に寄ってから、その近所にある僕らの宿へと向かいました。

ここへ来る道中もそうでしたが、この宿の周りもブドウ畑・・・さすがワイン王国。

夕食はレオ君が用意してくれていた食材を調理してワインで乾杯!!
そしてハマってしまったのがパスタ(半生麺)とバター。
パスタを軽く湯がき、バターであえるだけのホンマにシンプルなんですが
メチャメチャ美味しいんですよ。
朝食から夜食まで日に何回食べた事か(笑)
お腹も満たされ、この日はぐっすりと眠りました。

二日目。
午前中、マルシェ(市場)へ行きました。
こういう所は、国関係なく楽しいですね〜。

活気があって、食材から日用品など色んな屋台が軒を連ねる。

鶏や鴨やウズラにハト、牛に羊に馬に・・・肉の種類は日本より断然多いです。
野菜も日本よりなぜか色が鮮やかに見え
生でニンジンをかぶって納得。あま〜〜い!見せかけじゃなく本物です。
食材を買い込み、サンテミリオンへ行きました。


世界遺産に指定された中世の町並みが有名。
どこを歩いても雰囲気があります 素晴らしい〜!

有名な赤ワインの産地とあって、あちこちにワインショップがありました。

かなりお腹が減ってきたので、とあるお店でランチ。

店の奥に通されるとこんなテラスが出現
湿度がなくカラっとしてるから気持ち良い〜♪

スッキリとした白ワインを料理のお供に・・・


フランスでは普段、どんなものをどんな風に食べてるのかすごく興味がありました。
僕の知ってる日本のフランス料理みたいなんを毎日食べてるんかな?なんて・・・
実にシンプルなのに驚いた。
素材ひとつひとつがしっかりした味を持ってるから余計な事はいらないんでしょう。
サラダもそのままが旨い!オムレツも中のキノコが主張してるからこのままが旨い。
実に旨かった。素晴らしいッ!

お腹が一杯になった次は、旅の疲れを癒しに・・・

このホテルの中のサウナ&スパへ。
雰囲気ある建物、ヨーロッパへ来たって感じやね〜(笑)

さっぱりしたところでスペシャルな試飲会(楽しみッ!)
用意された3本のワインは、同じ作り手で同じブドウ品種なんですが
一つだけ違うものがあります。
それは『土壌』

それぞれのブドウ畑に行き、土の違いを見て触って感じながら
出来上がったワインをその場で飲みながら
レオ先生に特徴を教えてもらいました。

こうして飲むとよ〜〜くわかりますね。
そのワインの味の特徴はここからきてるのかと土を触ってワインをぐびりッ。
先生、貴重な経験ありがとう!

次はスペインへ・・・そして・・・続きます。

menu